運動不足と生活習慣病

運動不足と生活習慣病

運動不足は生活習慣病の大きな要因であり、万病の元とも言えます。運動不足になると、摂取したエネルギーを使いきれず、余ったエネルギーは、身体に蓄積されて行くことになります。

 

内臓脂肪が溜まるとメタボリックシンドロームに陥り易くなり、動脈硬化を促進するなど、様々な弊害がでて、生活習慣病を引き起こします。

 

運動不足に過食や過度の飲酒、喫煙などの良くない生活習慣が重なることで、生活習慣病のリスクは急増してしまいます。

 

適度な運動をすることには様々な健康効果があります。
血行が良くなり、血圧を下げる効果があります。

 

また、運動することで筋肉が増えると、基礎代謝がアップして、エネルギーを消費しやすい身体をつくることができます。さらに効率良く生活習慣病対策を行うのであれば、DHAやEPAなどの中性脂肪やコレステロールを減らしてくれる栄養素を積極的に補給すると良いでしょう。

 

ただ、魚料理が苦手な方はこちらのDHA・EPAが含まれるサプリを利用すると良いのではないでしょうか。

 

運動を継続することによって運動能力が高まれば、転倒しにくくなり、運動によって骨に適度な負荷をかけることで骨密度も保たれるため、骨折のリスクも減ります。

 

運動は、血液中の脂肪を燃焼させて、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増加させることができます。運動することでインスリン感受性の改善も促されるので、高血糖の解消にもなります。

 

心肺機能を高め、循環機能を向上させます。適度な運動には、ストレス解消の効果もあります。運動することで人間の身体は、さまざまな健康効果を得ていますが、運動不足に陥ると、これらが一気に逆転してしまうわけです。

 

運動不足だと感じている人は、生活習慣の中に、少しずつでも運動する機会を増やして行くことが大切です。