歯周病は生活習慣病

歯周病は生活習慣病

歯周病は生活習慣病のひとつで、喫煙や食生活が関わっています。歯磨きを適切に行うことで、歯周病菌の繁殖を防ぎましょう。

 

虫歯のような激しい痛みがあまりないため、歯周病は放置しがちですが、定期的に歯科検診を受けることも大切です。禁煙することも歯周病予防に効果的です。

 

ストレスによる歯ぎしりや、食いしばりなども、歯周病の要因となります。規則正しい生活を送ることや、栄養バランスの良い食事を1日3食しっかり食べること、歯磨きの習慣をつけることなど、生活習慣を改善して、歯周病を防ぎましょう。

 

また、歯周病は口臭の原因にもなりますので、同時に口臭対策もしておきたいですね。こちらの口臭を消すサプリのサイトをご覧ください。

 

また、代表的な生活習慣病である糖尿病も、歯周病の危険因子です。歯周病の2大危険因子は、喫煙と糖尿病であると言われています。

 

嫌気性細菌が歯周ポケットに入り込んで繁殖し、感染して慢性の炎症性疾患となったものが歯周炎で、身体の抵抗力も関与します。

 

糖尿病で身体を守る機能が低下したり、代謝の異常などが生じていると、歯周病の発症しやすくなったり、歯周炎を重症化させることがあります。

 

慢性的な歯周炎は、血糖値の上昇を招き、糖尿病のコントロールを困難にしてしまい、その結果として、歯周炎も進んでしまいます。

 

口内のことで、生活習慣病とは関係がないような印象もありますが、歯周病は生活習慣病のひとつであり、さらに、歯周病菌は、様々な病気に影響し、生活習慣病の大きな要因となります。良く噛んで食べることは、肥満防止にもつながります。

 

したがって、歯周病を防ぐことは、生活習慣病を防ぐことにもつながりますので、日常生活に歯周病予防の習慣をつけることはとても大切です。