動脈硬化は高血圧が原因になる

動脈硬化は高血圧が原因になることもある

動脈硬化の原因の一つとして、高血圧が原因であることもあります。

 

高血圧になるということは、血圧が上昇するということになります。血液による圧力に負けてしまうと、血管が破れてしまうことになりますから、動脈の内側を分厚くして、対処をしようとします。

 

その分厚くなった動脈にさらにコレステロールが付着をしていくことによって、動脈硬化を引き起こしてしまっているのです。

 

動脈硬化になってしまったら、血液の流れもスムーズに行われなくなってしまいます。そうなると、心臓も血液を送り出す力を強めなくてはならなくなってしまいますから、心臓の負担も重くなってしまうのです。

 

心臓の負担、肝臓の負担を減らすのであれば牡蠣に多く含まれるタウリンが良いです。また、効率よく補給するにはタウリン配合のサプリが一番です。

 

その結果、心筋梗塞や狭心症になってしまうのです。この他にも動脈硬化にあることによって、脳梗塞になってしまうこともあります。

 

いずれの病気にしても死活問題です。ですから、動脈硬化を放置しておくと、命を落としかねないことになるのです。

 

動脈硬化にならないようにするためにも、血圧を抑えるようにして高血圧にならないようにする必要があります。

 

タバコやアルコールというのは、血圧を上げる要因になりますので、禁酒禁煙をするようにしたほうがいいでしょう。